料金を知る

いろいろな掃除道具

孤独死が発生した部屋の清掃費用について

孤独死する人は、普段から近所付き合いをほとんどしていないことが多いため、遺体の発見が遅れてしまうのが普通です。夏場などは、死亡直後から遺体の腐敗が始まりますので、わずか数日発見が遅れただけでも室内が激しく汚損されてしまう可能性が高いです。孤独死や自殺死が発生した部屋の清掃サービスを特殊清掃と呼ぶのですが、近年は、特殊清掃サービスに対する需要がかなり高くなってきています。特殊清掃サービスを利用した場合、だいたい5〜10万円前後の費用がかかるケースが多くなっています。ただし、遺体の発見が遅くなればなるほど室内の汚損が進むため、料金の方も高額になります。

特殊清掃サービスが登場してきた理由について

社会全体に占める高齢者数の増加と共に、独居老人の増加が問題視されるようになりました。たとえ子供がいたとしても、年齢が異なっていれば生活習慣も異なっているのが当然です。同居することが双方にとって大きなストレスになってしまう可能性が高いため、別居することになるケースがとても多くなっているのですが、その結果として独居老人の数が増加しています。体が元気なうちは特に問題ないのですが、病気になってしまったりすると困ってしまうことになります。実際に、1人暮らしをしている高齢者が持病の悪化などが原因で孤独死してしまうケースが頻発するようになってきました。遺体が発見されるまでに時間がかかってしまうと、室内が素人の手には負えない状況になってしまいます。そのため、そのような部屋を専門に清掃する、特殊清掃サービスが登場してくるようになりました。

© 2015 綺麗に出来る特殊清掃や消臭サービスを利用|ハウスビューティーング. All Rights Reseverd Template by W3layouts